インプラントの治療期間

インプラントは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に、チタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
入れ歯と異なり、外れることがないので、自然な噛み心地を得られると人気を集めている治療法です。失った歯が1本の場合から全て失った場合まで対応することができ、お口に合わせた治療が行われているので満足度も高いです。

インプラントはいきなり歯科医院に行っても治療することは出来ません。

まず、歯と骨の状態をレントゲンやCTで確認する必要があります。中には、治療を希望しても骨の量が少ないことが理由で、治療できないケースもあります。

事前に、どのように何本ネジを埋め込むかという治療計画を立てて、それにそった治療が行われていきます。
事前の検査やカウンセリングには、数週間から1カ月ほどの時間がかかります。

実際にネジを埋め込むには、簡単な手術を行います。

麻酔をするので痛みはありません。

手術は1~2時間で終わり、翌日には消毒のために来院が必要になります。
それから後は、骨とチタンが結合するまで3~6カ月ほど待つ期間があります。

渋谷のインプラントの情報が満載です。

この間に残っている歯のクリーニングなどを済ませておきます。

結合したら、人工歯を作るための治療に入ります。



噛み合わせなどのチェックが必要で、インプラント治療が終わるまでには10カ月から1年という年月がかかります。

Girls Channelに関する有益な情報が満載です。

人工歯を装着してからも、定期的にインプラントの状態を検診することで、よりよい状態を保つことができます。